このプロジェクトを実現させてくれたすべての方々と、長年にわたりパイロットとアラン・パーソンズ・プロジェクトを応援してくれたすべてのファンの皆様に感謝いたします。

ア・パイロット・プロジェクトはエリック・ウルフソンとその作品に捧げられています。我々は彼の曲に命を吹き込み、エリックやアランや、スチュアート・エリオット、アンドリュー・パウェル、クリス・レインボウ、レニー・ザカタク、ジョン・マイルズ、リチャード・コトル、コリン・ブランストーンといったプロジェクトのメンバーと共に過ごした素晴らしい日々を思い出します。我々は生涯続く思い出と友情を育んだのです。

このプロジェクトの間、そして数々の音楽の冒険の長い長い年月、常に我々を支え、辛抱し理解してくれた妻のメアリとレイラと家族に感謝します。

マネージャーでありクリエイティブ・ディレクターであるカーク・キースターに心から感謝します。彼の支援、英知、助言を得られた我々は本当に幸運です。カークは常に確かな判断力があり、彼の献身と励ましがなかったら、到底ここまで来ることはできなかったでしょう。カークは、パイロットとプロジェクトをプロモートするために彼が捧げた数えきれないほど長い年月(と何度もすっぽかした夕食)を耐えてくれた妻のアニタと家族に感謝しています。

ジル・"エース"・シングルタリーの素晴らしいイラストとデザインに感謝します。ア・パイロット・プロジェクトトのアートワークはジル・シングルタリーによるものです。彼女の発想、コミュニケーション能力、速い仕事ぶりはありがたいものでした。彼女はカークと協力してジャケット、ブックレット、解説で素敵な仕事をしてくれました。彼女はまた弊サイトのグラフィック面でもちょっとした助言してくれました。彼女の聖歌隊風のバック・コーラスは「チルドレン・オブ・ザ・ムーン」をうまく仕上げてくれました。ジルはイラスト、デザイン、アニメーション、写真、音楽の分野で大きな成功を収めています。詳しくはhttp://acegallagher.netをご覧ください。このプロジェクトで彼女と一緒に仕事ができて嬉しく思います。

このプロジェクトに貢献してくれた他のすべての方々、ケニー・ハッチソン(「失われてゆく神々の国」のアコーディオン)、モレイ・イネス(「オールド・アンド・ワイズ」のサックス)、アレハンドロ・アリアス(「不可解な物体」のホイッスル)、そして娘のケイティ・マクフェイルとラ・ペイトン(「ブレイクダウン」のバック・コーラス)に感謝します。

音楽の専門家や世界中のファンと、長い間我々を支えてくれた、クールサウンドの中田利樹、エアー・メイル・レコーディングスのHirosh KuseとShotaro Yoshida、ビーグルハットとシープ、APPロードキラーズなど、ここには書ききれないほどの方々、世界中のファンが我々のウェブサイトをその母国語で見られるように翻訳してくれた尾山万里子、ハビエル・マルティネス、レナート・コッシェラ、フランセスカ・フィニ、レイラ・ベアンソンにも感謝します。